1. HOME
  2. 久慈ファームのご紹介

久慈ファームのご紹介

岩手県北部

岩手の大自然と深い愛情がはぐくんだ豚肉「折爪三元豚・佐助」は、折爪岳を望む二戸市下斗米の久慈ファームで生産されています。久慈ファームは祖父・佐助が事業として始め、父・周平、そして現社長・久慈剛志へと代々受け継がれてきました。
初代・佐助の代から三代目に受け継がれるにあたっての約30年間試行錯誤を繰り返し、繁殖性、飼育性、肉質の研究を重ねてきました。そしてとうとう「獣臭さがなく、脂身が口の中で溶け出すほどジューシー」な豚肉の生産に成功しました。現在では長年の試行錯誤の甲斐あって「折爪三元豚・佐助」の評判が広まり、レストランやホテルそして飲食店から銘柄指定で注文が入るほどになっております。
現社長・久慈剛志は、二戸市の高校を卒業後、東京・新宿の調理師専門学校を経て都内の有名ホテルに就職しました。当初は料理人になるつもりでしたが、家を離れたことで「佐助」のおいしさに気づき、家業を継ぐことを強く決意致しました。修行の為に大手食肉卸売業者と、老舗すき焼き店に勤め、2001年二戸に帰ってきました。久慈剛志社長は、初代佐助から3代にわたって受け継がれてきた究極の豚肉を『肉質の良さを前面に押し出して売り込みたい』と考え2003年12月から「佐助」ブランドを立ち上げて販売を開始しました。精肉業者を通じて販売する従来のやり方から、飲食店に直接販売する方式に変更しました。当初取引先は二戸市内の飲食店だけでしたが、噂が噂を呼び現在では全国100店舗にまで広がりました。今後も販路は拡大致します。

第34回躍進いわての産業まつり 岩手県市長会会長賞受賞

岩手の大自然と愛情が育んだ豚肉「折爪三間豚佐助」は第34回躍進いわての産業まつりにおいて岩手県市長会会長賞を受賞しました。